PCMAXで会おうといってもスルーされたとき対処法

PCMAX上のやり取りで「会おう」と言ってスルーされてしまった場合、もう一度関係性を構築していくことが必要になります。男性が特に多いのですが、最初のメールで会うことを強く意識させてしまうような内容を送ってしまうと相手に警戒されてしまう可能性が高くなります。

 

その対処法としては「焦らない」と言うことが一番ですが、それと同時に「どのタイミングで、どのように誘うか」と言うことも重要になってきます。

 

しっかりと関係を構築したうえで誘った場合、仮に会うことが出来なくとも相手が返信をスルーすることは少なくなります。関係が構築できていない状況だからこそ、「目的はそっちか」と愛想を尽かされてしまう要因になります。

 

もしもスルーされてしまった時には、何食わぬ顔で内容を変えてしまいましょう。時期尚早だったと考え直し、もう一度良好な関係を構築するべくアプローチを掛けていきます。その際、全く気にしないで会話を変えている体を装う方法もありますが、出来れば少しはスルーされたことに触れておくようにしましょう。

 

そもそもそれで返信が無くなってしまうような相手であれば発展性にはあまり期待が持てません。「スルーされたけどめげない」と言う体で会話を進めておくと、次回以降に誘った時に「前回断ったから」と言う心理を引き出しやすくなります。

 

⇒PCMAXの口コミに書いてあったキャッシュバッカーについて